とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

激うまパスタがリニューアル「アマトリチャーナ」!

今回紹介するのは「アマトリチャーナ」です。
f:id:all-review:20171102205737j:image

 

アマトリチャーナ元々「アマトリチャーナ ビアンカ」という名前で販売されていたメニューです。

リニューアル前のアマトリチャーナ ビアンカは大変美味しく、普段馴染みの薄い料理ということもあり、高評価でした。

それを更にパワーアップしたリニューアル版値段据え置き399円で食べられるのが新メニュー・アマトリチャーナです。

 

味の特徴はなんと言っても、ブラックペッパーがよく効いているのが特徴的です。

ピリッと辛いブラックペッパーがふんだんに使われており、しかし辛すぎはせず、美味しいと感じるギリギリのラインを狙ったかのような味付けになっています。

当然、その分リニューアル前と比べて味が濃くなっており、前のものに物足りなさを感じていた人にもオススメできる味へと変貌しています。

具材のパンチェッタも相変わらず味がしっかりと付いていて、こちらもブラックペッパーとの相性が良いこともあり大変美味しいです。

当然、たっぷりの粉チーズは相変わらず使われており、濃厚な味も失われていません。

むしろ、ブラックペッパーにより、その粉チーズの味が存分に活かされていると言っても過言ではありません。

抜群に美味しい仕上がりとなっています。

 

アマトリチャーナはソースのないパスタですので、たっぷり具材と麺の食感を楽しめます。

しかし、リニューアル前は他のパスタメニューに比べて具材の少なさやソースがないことによる物足りなさは存在しました。

今回のリニューアルしたアマトリチャーナは具材にトマトが増えており、食感のバリエーションが増加したと言えます。

また、リニューアル前と変わらず、パンチェッタや粉チーズはたっぷり入っていますので、トマトが増えた分他が減らされたということも無く、お得感があります。

 

見栄えとしても、黄色がかったパスタに、赤いトマト、ピンクのパンチェッタ、白い粉チーズ、緑の粉パセリと、シンプルながらバランスが良く綺麗です。

食欲をそそるようなパスタに仕上がっているのは間違いありません。

ただし、思っているほどにはトマトが乗っていませんので、トマトが増えた分の見た目のお得感は少ないです。

 

アマトリチャーナのアレンジは断然粉チーズの増量に限ります。

振りかけて混ぜずに食べることで濃厚な粉チーズの味を堪能することが出来ます。

逆に、混ぜるとパスタと調和したしっとりとした粉チーズの味を堪能することが出来ます。

どちらにせよ大変美味しく、食べ応えのあるアレンジ方法と言えるでしょう。

 

アマトリチャーナはリニューアルしたということで、一度食べた人でももう一度食べて見て欲しいメニューです。

前回のものと食べ比べしてみるというのも面白いのではないでしょうか。

どちらにせよ、美味しいことに変わりはありません。

色々な料理との組み合わせでパワーアップ「セットプチフォッカ」!

今回紹介するのは「セットプチフォッカ」です。
f:id:all-review:20171025191014j:image

 

セットプチフォッカは何かの料理とセットで注文することが出来、79円という破格の安さを誇っています。

セットプチフォッカは別メニューの「プチフォッカ」と同じものであり、その個数が4個から2個に減らす代わりに価格を下げたものです。

値段が下がった分、ちょっと高めのメニューとセットで注文しやすくなったと言えます。

 

味はいたって普通のパンです。

そもそもどんな料理にも合うように作られていますので、パンとして独立して食べることを想定していません。

そのため、味はほとんどありません。

しかし、その分ハンバーグソースやパスタソースとの相性も良く、それらの料理と合わせることでお腹いっぱいになりますし、美味しいソースの旨味を存分に吸収したプチフォッカは驚くほど美味しいパンに大変身します。

 

プチフォッカの食感はかなり良いです。

というのもモチモチで柔らかく、さっくりと千切ることが出来るという最高のパンとなっています。

パリパリした食感のパンではなく、ふわふわモチモチの食感が持ち味です。

そのためいくらでも食べることが出来るように感じるほど食べやすいパンに仕上がっています。

 

真っ白のパンに茶色い焦げがついたという王道のパンです。

大きさは本当に小さいですが、食感は抜群に良く、見た目も食欲をそそります。

初めて見た時は小ささに驚くかもしれませんが、実際食べてみるとわかりますが、これぐらいの方が食べやすくて良いと思います。

 

セットプチフォッカはアレンジするというよりも、これと何かをセットで注文し、その注文したメインメニューの旨味を吸収することで、潜在能力を最大まで引き出せます

特に、ハンバーグ系のソースとの相性は抜群です。

肉汁とソースを吸収したプチフォッカはかなり美味しくなります。

またパスタソースとの相性も良いです。

ミートソースやタラコソースなど、サイゼリヤのパスタには様々なソースが使われていますが、どれとも相性が良いのが素晴らしいです。

おつまみメニューからなら、エスカルゴのオーブン焼き」との相性が抜群です。

エスカルゴから出た旨味、刻まれた野菜の旨味、オリーブオイルの旨味、それらがすべて濃縮されて吸収されるためお勧めの組み合わせです。

 

セットプチフォッカは79円という低価格と素晴らしい食感、他の料理との相性の良さが魅力的な料理です。

サイゼリヤに存在するどのような料理とも相性が良いという素晴らしいパンと言えます。

珍食材なのに激安で美味い「エスカルゴのオーブン焼き」!

今回紹介するのは「エスカルゴのオーブン焼き」です。
f:id:all-review:20171025190801j:image

 

エスカルゴといえば高級なイメージがありますが、サイゼリヤでは399円で注文することが可能です。

見た目と料理名から注文しにくい料理ではありますが、食べた人は病みつきになることも多いメニューです。

 

エスカルゴのオーブン焼きはオリーブオイルとニンニク、バターの味が抜群に効いた料理です。

料理にそれらがたっぷり使われていることもあり、味がとても濃い料理と言えるでしょう。

エスカルゴを噛めば噛むほど味が染み出てくるのも魅力的です。

噛めば噛むほど美味しいを体現した料理と言えます。

オリーブオイルがたっぷり使われている分、摂取量が増えてしまい、気分が悪くなる可能性がありますが、シェアをしたり、適度にオリーブオイルを落とせばそのような心配をすることなく食べられます。

この価格でこの味のエスカルゴは大変コストパフォーマンスが良いです。

 

エスカルゴのオーブン焼きの食感は貝類に近いものがあります。

貝類のような弾力感が特徴的です。

それゆえに上記したように噛めば噛むほど楽しむことができます。

貝類の食感が苦手な人はエスカルゴのオーブン焼きの食感も苦手に感じるかもしれません。

ドロッとした感じではなく、しっかりと歯ごたえのありますので、エスカルゴと聞いてドロドロしてるのではと心配する必要はありません。

オリーブオイルがかかっている分、汁っぽく感じますが、これはこれで美味しいですし、エスカルゴの食感に直接影響を与えてはいません。

 

見た目はそれほど良くないように感じるかもしれません。

たっぷりのオリーブオイルで液体感がありますし、野菜なども含めて緑基調なので好みでないと感じる人もいるでしょう。

実物もメニュー写真もそれほど変わらず出てきますので、心の準備はできます。

エスカルゴなんて食べたことがないという人にとっては注文のハードルが高いのは事実でしょう。

もう少し見栄えが良くなれば注文しやすくなると感じます。

出来ることならもう少し綺麗な作りになってほしいと思います。

 

エスカルゴのオーブン焼きのアレンジは一切勧めません。

というのも、オリーブオイルがたっぷりかかっているため、変に調味料を混ぜるとべちゃべちゃ感が増しますし、見栄えが悪化する可能性が高いです。

またしっかりと味がありますのでアレンジする余地はないと言えます。

ただし、エスカルゴのオーブン焼きはアレンジとは異なる方法で楽しむことが出来ます。

それはセットプチフォッカを使った方法です。

セットプチフォッカは100円未満で注文できる小さなパンです。

これをエスカルゴのオーブン焼きをつけたり、乗せたりして食べるのがお勧めです。

圧倒的な美味しさを誇ります。

 

エスカルゴのオーブン焼きは低価格でエスカルゴという珍食材を食べることが出来ることが出来るのは凄いです。

味もそこそこ良く、見栄えさえ大丈夫ならかなり良いメニューであると言えるでしょう。

エスカルゴという響きが気になる方は一度頼んでみても良いのではないでしょうか。

注文する時はセットプチフォッカもお忘れなく。

ホクホクで美味しいシェア向けおつまみ「ポテトのグリル」!

今回紹介するのはおつまみのカテゴリーに属する「ポテトのグリル」です。
f:id:all-review:20171025183534j:image

 

ポテトのグリルはおつまみメニューの中で最安値の199円で食べられる料理です。

一人で食べるにはかなり量が多いのでシェアするのがおすすめです。

料金もシェアすれば一人あたり100円未満になるのでかなりお得なメニューと言えます。

 

このポテトのグリルのポテトからはほとんど味を感じません。

至って普通のポテトです。

しかし、ケチャップが付属しているので美味しく食べることができます。

ただし、このケチャップはポテトのグリルを食べ切れるほど付属していません。

明らかに1袋使っても足りませんので、食べ方に工夫が必要です。

後述しますが、アレンジ手段が豊富であり、どのようなアレンジも美味しく食べることが出来るのでシェア&カスタマイズで楽しめます。

カスタマイズすることでケチャップ足りない問題を解決することができます。

 

ポテトのグリルはホクホク食感という言葉がピッタリな料理です。

熱過ぎず、ちょうど良い温かさで提供してもらえます。

そのため冷めるまで待つ必要がなく、ホクホクとしたポテトを楽しめます。

外はカリッとという感じではありませんが、これはこれで美味しいです。

ただし、大きさがバラバラであり、大きいものは若干のパサパサ感があります。

それゆえに食べにくいと感じる人もいるでしょう。

 

ポテトのグリルはメニュー写真と遜色ないほどの料理に仕上がっています。

ポテトの量も多く、色も綺麗です。

そのためメニューを見て注文しても期待を裏切られることはまずありません。

数人でシェアするのに十分なほどの量になっています。

 

ポテトのグリルはケチャップが付いているのでそれで食べるのが基本ですが、様々なアレンジが楽しめるのも特徴です。

普通に塩をかけて食べるのも美味しいですが、一番のおすすめは塩チーズです。

ポテトに塩を振り、その上から粉チーズを振りかけます。

そうするとチーズの味、塩味の両方が際立ち、ポテトに十分な味を与えてくれます。

チーズ好きなら是非1度試していただきたい方法です。

この時注意しなければならないのは、大きいポテトではしないということです。

前述したように大きいポテトはパサパサ感があるため、かなり食べにくいです。

そのようなポテトはケチャップに付けると食べやすいので、大きいのはケチャップ、小さいのは塩チーズにすると2度楽しめますし、ポテトのグリルの欠点を補えます。

また、オリーブオイルもオススメです。

ポテトをしっとりとしてくれる為、パサパサしたものでも美味しく食べられます。

 

ポテトのグリルには

・199円という安さ

・シェア出来るほどの量

・アレンジが無限大の楽しさ

このような魅力が詰まっています。

シェアするには最適なメニューですので、機会があれば注文してみてください。

サイゼリヤ唯一のリゾット「エビと野菜のトマトクリームリゾット」!

今回紹介するのは、サイゼリヤのメニューの中で唯一のリゾット「エビと野菜のトマトクリームリゾット」です。

f:id:all-review:20171021021118j:plain

 

エビと野菜のトマトクリームリゾットは399円と米料理のジャンルの中では最安値のメニューです。

リゾットなのでさらっと食べることが出来、具材もヘルシーなものがほとんどなので、高カロリーでがっつりした料理の多いサイゼリヤの中では希少なメニューです。

 

エビと野菜のトマトクリームリゾットは名前の通り、トマトクリームがベースの料理です。

そのため、最初に感じる味はトマトの甘みが中心になります。

トマトの酸味は全く感じられず甘みが中心になっています。

またチーズの味がしっかりとしているのも特徴的です。

基本の味はそのトマトクリームなのですが、エビや野菜を口に含むとそれらの食材が自己主張を始めるのがとても良いと感じました。

エビにはちゃんとエビの味があり、野菜は小さくカットされているため、それ自体を食べてもそれほど味を感じませんが、しっかりとソースに旨味が溶けだしていると思います。

クリーミーで濃厚ながら濃すぎない味付けというのが絶妙です。

また、食材個々の旨味が十分に出ているのも良いと感じました。

しかし、サイゼリヤのメニューにしては圧倒的に薄味なので、普段からサイゼリヤのメニューを食べている人には少し物足りなく感じるかもしれません。

逆に言えば、普段のサイゼリヤの料理が濃すぎると感じている人にはちょうど良い味付けになっていると思われます。

 

エビと野菜のトマトクリームリゾットは、ものすごくさらっとしていて、食べやすい料理です。

リゾット特有のさらっと感が存分に表れています。

エビが少し固めな気もしますが、全体的なバランスを考えれば十分許容圏内です。

他の具材は細かくカットされているため、それほど食感の面では主張はしてきません。

その分、リゾット本来の食感を楽しむことが出来ます。

エビと野菜のトマトクリームリゾットはさらさらとしていて食べやすいのが特徴的です。

 

エビと野菜のトマトクリームリゾットの見た目は赤いトマトソースが印象的です。

そこにエビがいくつか飾られています。

リゾットですので比較的液体感があるのも特徴的だと感じます。

しかし、それ以外には特に目立った特徴はありません。

 

アレンジについては様々なものが楽しめます。

まずは鉄板の粉チーズ。

元々チーズの味が強めのエビと野菜のトマトクリームリゾットですが、粉チーズをかけることで、そのチーズの味をさらに強めることが出来ます。

少し刺激が足りないなら唐辛子フレークがお勧めです。

辛さを求めていたとしてもタバスコはやめた方が無難です。

唐辛子フレークぐらいのピリッとした辛さがちょうど良い料理です。

 

以上がエビと野菜のトマトクリームリゾットの感想です。

399円という低価格からの、サイゼリヤでは珍しいリゾットという料理。

珍しさから一度注文してみましたが、十分楽しめました。

しかし、やはりボリュームに欠けていると言わざるを得ないのも事実です。

エビと野菜のトマトクリームリゾットを注文する時は、ピザなども一緒に注文すると良いかもしれません。