とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

パスタの王道「ミートソースボロニア風」!

今回紹介するのは王道の「ミートソースボロニア風」です。

f:id:all-review:20170524010819j:plain

 

ミートソースボロニア風は他の多くのパスタと同様399円で食べることが出来る激安パスタです。

旨味の強いミートソースを纏ったパスタを400円という低価格で食べられるという、味も値段も満足のいく一品になっています。

ミートソースボロニア風は粉チーズとの相性も抜群なので調味料を使うことで味の変化を楽しむこともできます。

 

サイゼリヤのミートソースは他のお店にあるようなものとは少し違っています。

というのも、確かにミートソースではあるのですが、トマトではなく肉に重点が置かれています。

ミートソースにはトマトが使われており、多くの場合酸味が多少なりとも感じられます。

しかし、サイゼリヤのミートソースは酸味をあまり感じません。

むしろ、ミートソースのミートの部分が格段に強調された肉々しい味の濃いものに仕上がっています。

これは一見してミートソースの魅力を破壊しているように感じますがそんなことはありません。

この肉々しいソースが味の濃さを強調し、空腹になっているお腹にガツンと響きます。

一口食べれば、思わずもう一口求めてしまう、引き込まれるような美味しさです。

このミートソースはパスタとよく合い、普段ミートソースのパスタでは感じない旨味を引き出しています。

 

このミートソースは肉の味だけでなく、肉の食感をもしっかりと残しているのが特徴です。

本来なら存在をそれほど強調しないミンチが、ミートソースボロニア風では自己主張を行っています。

肉の味も食感もしっかり感じることが出来、美味しさの演出に一役買っているのは言うまでもありません。

この味と食感によって、しっかりと満腹へ導いてくれます。

 

見栄えはいたって普通のミートソースのパスタです。

少し肉の粗さが目立ち、粉チーズが振りかけられている程度のものです。

決して食欲を欠くような見栄えではありませんが、積極的に食欲をそそる見栄えというわけでもありません。

ただ空腹時に見ると意識がかなり引き込まれていく見た目ではあります。

見るだけでその味の濃さ、美味しさが伝わってきます。

特に出来立てで湯気が立っているようであればより顕著に感じることが出来ます。

思わず唾液が分泌されてしまうほど強力な求心力を有していると言えます。

 

以上のように味や見栄えはほとんどの人が合格点を出せるものとなっています。

なのにもかかわらず399円と低価格で提供されているのでお得感があります。

かなり空腹状態の時に選びたい逸品であるのは言うまでもありません。

 

しかし、このミートソースボロニア風の魅力はここからです。

元々ミートソースのパスタというのは粉チーズとの相性が抜群に良いです。

それはこのサイゼリヤのものも同様です。

そして、サイゼリヤでは無料で粉チーズをいくらでも投入することが出来ます。

当然、ミートソースボロニア風は粉チーズとの相性も考えられており、かければかけるほど幸せな味が口いっぱいに広がることになります。

しかも、粉チーズを振りかけることで起きる変化は味だけではありません。

なんと食感までも変化してしまうのです。

粉チーズを振りかけてパスタとソースとともに混ぜ合わせると、若干フォークでパスタを掬う時に重さを感じることが出来ます。

どういうことかというと粉チーズがとけてフォークの引きに抵抗しているのです。

当然その重みは食感にも明確な変化を与えています。

口に含めばすぐにわかりますが、パスタがかなりクリーミーになっています。

今までの肉々しさが薄くなり、クリーミーなチーズ味が勢力を増しています。

もちろんそれは味の崩壊をもたらしているわけではありません。

肉の味、トマトの味、パスタの味、チーズの味、それぞれがバランスよく感じられ、非常に美味しくなります。

明らかに何もかけない時よりも、粉チーズをかけた時の方が美味しいです。

ただし、入れすぎると味を崩壊させてしまうリスクはあります。

ゆえに、少しずつ粉チーズを足していき、自分の好みの量を理解することが、ミートソースボロニア風を最大限楽しむ秘訣と言えます。

 

空腹時に粉チーズをたっぷりかけた熱々のミートソースボロニア風は一種の凶器です。

あまりにも暴力的な旨味に虜になってしまいます。

もちろん、粉チーズなしバージョンも美味しいので好みに応じて変化させてみてください。

絶品すぎるスパゲティ「アマトリチャーナ ビアンカ」!

今回紹介するのは最近登場したNEWパスタ「アマトリチャーナ ビアンカ」です!

f:id:all-review:20170504225648j:plain

 

今回登場したアマトリチャーナ ビアンカ399円と安価です。

ソースのかかっていないパスタというあまり見慣れないものながら味は抜群に美味しいです。

アマトリチャーナ ビアンカは一度食する価値があると自信を持って言えます。

 

このアマトリチャーナ ビアンカの特徴はソースがないことです。

それゆえに味が薄いのではないかと思うのですが、そんなことはありません。

チーズの味を始め、濃い味が口いっぱいに広がります

具のベーコンもパスタと相性が良く、お互いの味をうまく引き出していて美味しいです。

 味の面で今までのパスタに後れを取ることはなく、むしろ優位に立っていると感じる人さえいるのではないでしょうか。

個人的には、サイゼリヤのパスタの中ではトップ3に入るレベルの美味しさであると思いました。

 

また、見栄えが良いというのもポイントになります。

出来立てで出てきたときには、その匂いが感じられて食欲がそそられます。

また、白いパスタの上にベーコンがトッピングされ、その上からチーズが溢れんばかりにかかっています。

さらにその上に粉バジルが振りかけられています。

ソースがなくとも、その見かけは素晴らしいです。

色合いも抜群に良く、食べやすく、珍しさも相まって驚くほど素晴らしい味に感じます。

 

色合いによる見栄えの良さ、つまりは視覚の充実感があります。

湯気とともに上がってくるチーズの匂いにより嗅覚も刺激されます。

そして、見かけからは想像できないほどの濃い味が味覚に衝撃を与えます。

五感のうち3つも刺激してくるのが特徴的です。

 

普段ならその料理に適したアレンジ方法も紹介するところですが、今回は紹介しません。

というのも今回紹介した「アマトリチャーナ ビアンカ」はそのものがあまりにも美味しいため、アレンジする必要性が全くありません

むしろ手を加えることにより完成された味が崩壊してしまう可能性があります。

もし、どうしてもアレンジしたいのであれば粉チーズを増やす程度にしておくのが良いでしょう。

それ以外は避ける方が無難です。

シェア出来るピリ辛おつまみ「辛味チキン」!

今回紹介するのはシェア出来る・ピリ辛で美味い「辛味チキン」です。

f:id:all-review:20170124015358j:plain

 

辛味チキンは299円で食べられるおつまみメニューです。

メインは別で注文して、それにプラスして食べる方もいれば、ドリンクバーやワインのおつまみとして食べる方もいるのではないでしょうか。

5個入りのため量も十分で価格も安いのでおつまみとしては優秀です。

 

辛味チキンはその名の通り、辛いチキンです。

もちろん辛いとはいっても子供でも食べれるほどのマイルドな辛さです。

激辛ではないのでご心配なく。

辛さはマイルドな代わりに味が濃くて美味しいです。

喉が渇くほど濃いですが、飲み物がどんどん進みます。

 

辛味チキンは骨付きチキンなのでナイフやフォークで食べるのには向いていません。

少々人前では食べにくいかもしれませんが、そもそも手で食べるように作られているため食べざるをえません。

人目を気にせず素手でガブリとかぶりついて食べてしまいましょう。

食べ終わったら紙フキンで手をしっかり拭きましょうね。

その手でドリンクバーやベルを押すのは他のお客さんに迷惑です。

 

辛味チキン最大の特徴はシェアできるという点です。

ピザなどもシェアすることが出来ますが、辛味チキンは元々5つあるためシェアしやすいです。

辛味チキンを注文すれば自動的に小皿がついてきますので、それをシェア皿に使うもよし、殻入れに使うもよしです。

もちろん店員さんに頼めば小皿を余分に持ってきてくれるのでそのお皿でシェアしても構いません。

低価格で量があるためシェアしやすいです。

 

しかし、残念な点も存在します。

1つ目は食べにくさです。

前述しましたが、骨付きチキンのためかなり食べにくいです。

また、大きさも小さくはないですが、大きくもないため食べにくいです。

骨の形状もあまり食べやすいものではありません。

そのため手が汚れたくない時などはどうしても敬遠してしまいます。

2つ目は油の量です。

油でテカテカになっているのが見るだけで分かります。

当然手で持てば手はギトギトになりますし、食べてみると油の量がよくわかります。

お腹がすいている時には食欲をそそることもありますが、見た目で敬遠してしまうことの方が多いです。

学生ですと勉強の片手間で食べることも多いでしょうがノートやプリントが汚れる恐れがあるためなかなか注文しにくいです。

 

味は辛さと旨さがしっかりと押し出されていて良いと思います。

量も十分ですし、しっかりと小皿を用意してくれる点も高評価です。

価格も299円と決して高くはなくお得感があります。

しかし、食べにくさ、油の量に関しては見直してもらいたいと思いました。

骨付きチキンの種類は変えられないからしかたないとしても、油の量は変更できるのではないでしょうか。

これを見直してくれるだけで食べやすさも多少は改善されるはずです。

どうにかそこだけは改善してほしいと思いました。

ちょい辛が魅力的「アラビアータ」!

今回紹介するのは辛さが魅力の「アラビアータ」です。

f:id:all-review:20160811181225j:plain

 

サイゼリヤのアラビアータはわずか399円の激安パスタです。

麺もソースもしっかりと作られているのにも関わらず400円未満で食べられるという安さが魅力的です。

調味料を使った味のカスタマイズも楽しめる優れたメニューの1つだと思います。

 

サイゼリヤのアラビアータの特徴、それは辛さです。

絶妙な辛さとなっています。

一口食べると意外と辛く感じます。

しかし、食べ進めていくと辛すぎることもなく、かといって辛さを感じなくなるわけでもなくといった絶妙な辛さが続きます。

当然辛さの中に旨味も存在しており、旨味と辛味が干渉していません。

よく辛さを売りにしている飲食店のメニューで「辛いだけで美味しくない」「舌が麻痺して味がわからない」なんていう残念なメニューがあります。

しかし、サイゼリヤのアラビアータはそんな残念な味になっていません。

辛さ以外にもしっかりと濃い味付けがなされており、辛さでその味がかき消されることはありません。

逆に、濃い味付けで辛味がかき消されることもないので、両方の美味しさを味わうことが出来ます。

 

また、ソースと麺の割合が味の良さに直結しているのではないかと思います。

ソースは、辛さに問題を感じない人からすれば十分麵全体に絡められるだけの量があるように感じます。

しかし、ソースの辛さがきついと思う人にとっては麺としっかり混ぜ合わせることで辛さを薄めることが出来るのです。

辛さを望む人、少し押さえたい人どちらのニーズも満たせるだけの割合になっています。

また、後述しますが、調味料を駆使することでより辛くしたい人にも対応することが出来ます。

 

価格は最初にも記述した通り399円と激安です。

サイゼリヤパスタ陣の中で最安値グループのメニューです。

他のお店で同レベルのパスタを食べようと思えば700円~1000円程度はするのではないでしょうか。

外食のパスタでこのクオリティと価格を上回る出来のものは存在しないのではないかと思います。

それほど美味しく安いです。

間違いなく、サイゼリヤのパスタの中ではトップクラスのメニューです。

 

最後にお勧めのアレンジの仕方をお教えします。

アラビアータにマッチする調味料は、タバスコ・粉チーズの2つだと思います。

唐辛子フレークは辛さの系統が違いますし、塩やコショウは特に必要性を感じませんし、オリーブオイルは好きな人にはありかもしれませんが、個人的には微妙だと感じました。

ということで、お勧めするのはタバスコと粉チーズとなります。

タバスコは元々辛めのアラビアータにかけることでより辛くすることが出来ます。

ピリピリする辛さではなく、ジーンと来る辛さがよく合います。

量が多すぎると前述したように「辛いだけの料理」になってしまうのでくれぐれも少しずつ試すようにしてください。

粉チーズは逆に辛さをマイルドにしてくれます。

サイゼリヤのアラビアータはよく混ぜることで辛さを緩和することが出来ますが、それ以上に辛さをなくすことが出来ます。

しかも旨味もアップするのでお勧めです。

当然、タバスコと粉チーズの両方をかけるという手もありますよ。

これまた美味しいです。

 

個人的にサイゼリヤのパスタの中でも上位であると思うアラビアータ

まだ試したことがない方はぜひ一度試してみてください。

味のカスタマイズがしやすいのでそちらも試す価値ありです!

王道中の王道「マルゲリータピザ」!!

今回採り上げるのはマルゲリータピザです。

f:id:all-review:20170504225540j:plain

 

数種類あるピザの中でも一番ノーマルのピザになります。

価格は399円でピザの中では最安値となっています。

さすがはサイゼリヤ

399円でピザを一枚食べられるなんてとても贅沢な気がします。

 

マルゲリータピザは生地にトマトソースとチーズが乗ったピザです。

具が乗っていない分、ダイレクトにトマトとチーズの味を感じることが出来ます。

 

まず味の方ですが、悪くはないといった評価です。

というのもやはり冷凍ピザのようなものと比べれば何倍も美味しいです。

しかし、ピザ屋のピザにはもちろん敵いません。

値段相応といったところでしょうか。

また、安いので仕方がないですが、チーズの量が少ないです。

99円プラスすればWチーズという、チーズ量が2倍になるオプションをつけることが出来ます。

ただそれを足してしまうと、498円もかかってしまいます。

もちろん安いのは安いんですよ。

けれど、サイゼリヤにしては高いと感じてしまいます。

サイゼリヤのメニューがほとんど低価格のため、余計に高く感じてしまいます。

昼時ならランチメニューを食べられる価格ですからね・・・。

 

だいたい味と価格は以上のような感じです。

Wチーズにすればかなり美味しく贅沢感がある代わりに、高めの価格設定となってしまい、Wチーズなしなら安い代わりに味も食感も見た目からしてレベルが落ちてしまいます。

やはりダブルチーズにした時のチーズの零れ具合は一度味わうとなかなかノーマルは頼みにくくなってしまいます。

 

続いてアレンジの感想です。

サイゼリヤにはいくつかの調味料がありますが、ピザにお勧めなのはタバスコ・唐辛子フレーク・オリーブオイルですね。

タバスコは王道ですね。

ピリッと来る辛さが良いです。

Wチーズとの相性も抜群です。

ピリピリくる辛さが苦手な人には唐辛子フレークをお勧めします。

唐辛子フレークはピリピリ来ない代わりにじんわりとした辛さが来ます。

旨味があるので辛いものが苦手な人も試してみることが出来ます。

最後にオリーブオイルですが、これは好みがわかれると思います。

これをかけると味がマイルドで良い感じになるのですが、ピザに汁っけが出てしまうため苦手な人は苦手だと思います。

 

マルゲリータピザはサイゼリヤのピザの中でも王道中の王道であり、多くの人が食べたことあると思います。

しかし、意外とWチーズを試したことがない方はいるようです。

Wチーズを試したことない方はぜひ試してみてください。

マルゲリータピザのグレードが跳ね上がります

また、調味料もぜひ試して頂きたいため、ピザを四分割してそれぞれの味を用意するというのも良いのではないでしょうか。