とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

ちょい辛が魅力的「アラビアータ」!

今回紹介するのは辛さが魅力の「アラビアータ」です。

f:id:all-review:20160811181225j:plain

 

サイゼリヤのアラビアータはわずか399円の激安パスタです。

麺もソースもしっかりと作られているのにも関わらず400円未満で食べられるという安さが魅力的です。

調味料を使った味のカスタマイズも楽しめる優れたメニューの1つだと思います。

 

サイゼリヤのアラビアータの特徴、それは辛さです。

絶妙な辛さとなっています。

一口食べると意外と辛く感じます。

しかし、食べ進めていくと辛すぎることもなく、かといって辛さを感じなくなるわけでもなくといった絶妙な辛さが続きます。

当然辛さの中に旨味も存在しており、旨味と辛味が干渉していません。

よく辛さを売りにしている飲食店のメニューで「辛いだけで美味しくない」「舌が麻痺して味がわからない」なんていう残念なメニューがあります。

しかし、サイゼリヤのアラビアータはそんな残念な味になっていません。

辛さ以外にもしっかりと濃い味付けがなされており、辛さでその味がかき消されることはありません。

逆に、濃い味付けで辛味がかき消されることもないので、両方の美味しさを味わうことが出来ます。

 

また、ソースと麺の割合が味の良さに直結しているのではないかと思います。

ソースは、辛さに問題を感じない人からすれば十分麵全体に絡められるだけの量があるように感じます。

しかし、ソースの辛さがきついと思う人にとっては麺としっかり混ぜ合わせることで辛さを薄めることが出来るのです。

辛さを望む人、少し押さえたい人どちらのニーズも満たせるだけの割合になっています。

また、後述しますが、調味料を駆使することでより辛くしたい人にも対応することが出来ます。

 

価格は最初にも記述した通り399円と激安です。

サイゼリヤパスタ陣の中で最安値グループのメニューです。

他のお店で同レベルのパスタを食べようと思えば700円~1000円程度はするのではないでしょうか。

外食のパスタでこのクオリティと価格を上回る出来のものは存在しないのではないかと思います。

それほど美味しく安いです。

間違いなく、サイゼリヤのパスタの中ではトップクラスのメニューです。

 

最後にお勧めのアレンジの仕方をお教えします。

アラビアータにマッチする調味料は、タバスコ・粉チーズの2つだと思います。

唐辛子フレークは辛さの系統が違いますし、塩やコショウは特に必要性を感じませんし、オリーブオイルは好きな人にはありかもしれませんが、個人的には微妙だと感じました。

ということで、お勧めするのはタバスコと粉チーズとなります。

タバスコは元々辛めのアラビアータにかけることでより辛くすることが出来ます。

ピリピリする辛さではなく、ジーンと来る辛さがよく合います。

量が多すぎると前述したように「辛いだけの料理」になってしまうのでくれぐれも少しずつ試すようにしてください。

粉チーズは逆に辛さをマイルドにしてくれます。

サイゼリヤのアラビアータはよく混ぜることで辛さを緩和することが出来ますが、それ以上に辛さをなくすことが出来ます。

しかも旨味もアップするのでお勧めです。

当然、タバスコと粉チーズの両方をかけるという手もありますよ。

これまた美味しいです。

 

個人的にサイゼリヤのパスタの中でも上位であると思うアラビアータ

まだ試したことがない方はぜひ一度試してみてください。

味のカスタマイズがしやすいのでそちらも試す価値ありです!