とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

ふんわり柔らかい「オニオンソースのハンバーグ」!

サイゼリヤに存在する数少ないランチメニューである「オニオンソースのハンバーグ」が今回紹介するメニューです。

f:id:all-review:20170207012344j:plain

 

わずか500円で食べられるワンコインランチです。

メインがハンバーグと昼間から豪華です。

付け合わせは「目玉焼き」「ほうれん草」「コーンとグリンピース」となっています。

さらに、ライスが付いてくるので一食しっかりと食べることが出来ます。

また、スープバーとサラダが付いていますので、バランスの良い食事と言えるのではないでしょうか。

 

オニオンソースのハンバーグは名前の通り、玉ねぎソースのかかったハンバーグです。

グランドメニューの中にはオニオンソースは存在しないため、ランチ限定メニューとなります。

どのような味なのかさっそく食べてみました。

 

ハンバーグはふんわり柔らかいです。

グランドメニューのハンバーグは比較的ずっしりとしていますが、ランチメニューであるオニオンソースのハンバーグのハンバーグは豆腐ハンバーグかと思うほど柔らかいのが特徴です。

また、グランドメニューのハンバーグよりやや薄味であり、実際はどうなのかわかりませんが、ヘルシーさを感じさせる食感と味になっています。

普段の濃い味サイゼリヤに慣れ切っている人からすると少し違和感があるかもしれません。

それぐらい違いがあります。

 

ただ、オニオンソースは絶妙な美味しさがあります。

主張しすぎる濃さではないのですが、感じないというほど薄くもありません。

舌に触れればしっかりとオニオン風味を感じさせてくれるのにもかかわらず、ハンバーグと一緒に食べるとハンバーグの味を引き立てる脇役へと徹してくれるのです。

ランチ時に食べる味としては良い味に仕上がっています。

 

写真を見てもらえればわかりますが、オニオンソースのハンバーグは、グランドメニューのハンバーグとは違い、鉄板で出てくるわけではありません。

鉄板のハンバーグはジュージューと音を立て、湯気を上げていて食欲をそそりますが、

オニオンソースのハンバーグは普通のお皿のためそのように食欲を煽り立てることはありません。

見た目ではわかりにくいですが、ハンバーグ自体が冷めているわけではなく、温かさもありながら熱すぎないという温度設定がされています。

つまり、急いでいても十分食べやすくされているということです。

また、煙立っていないため服に匂いが付くこともほとんどありません。

ランチタイムのメニューとしては優秀だと思います。

 

価格設定、味ともに良いのですが、サイゼリヤヘビーユーザーとしては不満もあります。

味と食感です。

味は確かに美味しいのですが、やはりサイゼリヤのハンバーグにあるガツンとくる濃い味が良いです。

食感もふわふわよりもぎっしりと肉の詰まったものの方がハンバーグ感があって好きです。

一般の方には良いメニューだとは思いますが、ヘビーユーザー的には少しマイナスかと思いました。