とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

ピリ辛が絶妙「スパイシートマトソースのハンバーグ」!

今回紹介するのは、2017年7月から追加された新ランチメニュー「スパイシートマトソースのハンバーグ」です。

f:id:all-review:20170716013606j:plain

ランチメニューは平日の昼間限定ではあるものの、ワンコイン500円でスープバーやサラダまでついてくるというお得メニューです。

今までの9種類のメニューが一部改訂されて、追加されたのが今回のスパイシートマトソースのハンバーグになります。

 

スパイシートマトソースのハンバーグは、その名の通り辛味のあるトマトソースが前面に押し出されています。

赤いトマトと緑のスパイシーソースは彩も良く、メニューの写真からでも食欲をそそられます。

実際に食べてみればわかりますが、スパイシーさはしっかりありながらも、トマトソースの味もしっかり残っているという調和のとれたハンバーグです。

付け合わせの野菜も、コーンとグリンピース、ほうれん草と彩が良く、味も申し分ありません。

また、今回のトマトソースはそれらの付け合わせやサイトの相性も良く、つけて食べるととても美味しいです。

 

肝心のハンバーグですが、サイゼリヤのハンバーグにありがちな濃さがありません。

ソースによって上手く濃さが中和され、美味しく仕上がっています。

名前にスパイシーとあるからにはどれほどのものなのか時になる人もいると思いますが、辛いもの好きにとっては微妙です。

しかし、それほど辛いものが得意ではないという人にとっては十分食べられるレベルの辛さになっているのでお勧めできます。

今回ハンバーグに乗っているトマトソースは、マルゲリータピザなどに使われているのと同じで見た目は濃い赤で、味はトマトの美味しさが前面に押し出されているものです。

一方、緑色のスパイシーソースは、タバスコと同じ系統の味になります。

これら二つのソースが合わさり、ハンバーグの元々の旨さもあって、抜群の美味しさを誇っています。

トマトの甘さの中にスパイシーソースの辛さがピリッときて、口いっぱいに美味しさが広がります。

このスパイシーさは食べ終えてからもしばらく口の中にピリピリとした感覚が残るので苦手な方は注意してください。

 

スパイシートマトソースのハンバーグの魅力は味だけではなく、見た目にもあります。

写真で見るものと実際に出てくるものでボリュームが違うというのは往々にしてあることですが、スパイシートマトソースのハンバーグは期待を裏切りません。

ハンバーグにたっぷりとかけられた真っ赤なトマトソース

その上に綺麗にかけられた緑のスパイシーソース

どちらも写真と遜色がないほど美味しそうに見えます。

特にトマトソースはたっぷりとかけられているため、見た目から食欲を刺激してきます。

 

このトマトソースは食感にも大きな影響を与えています。

トマトソースがたっぷりかかっていることにより、ハンバーグを口に運んだ時に、トマトソースが自己主張を始めます。

サイゼリヤのハンバーグ特有の暴力的な旨味は訪れず、トマトソースのドロッとした食感と甘み、それに続いてスパイシーソースのピリッとした辛味が訪れます。

トマトソースにより食感が他のハンバーグ系メニューとは異なっており、しっとりとしたハンバーグに仕上がっているのが特徴的です。

 

最後にアレンジについてですが、スパイシートマトソースのハンバーグはアレンジ不要です。

というのも元々、トマトソース・スパイシーソースという強烈な味がついているので下手にアレンジすると味が崩壊する可能性があります。

特にタバスコや唐辛子フレークなどで辛さを足してしまうと、せっかくのトマトの味が台無しになりかねません。

オリーブオイルは一見合いそうに見えますが、たっぷりゆえにドロッとしたトマトソースが水っぽくなってしまい台無しです。

粉チーズは試してみる価値はありますが、辛さがマイルドになってしまいせっかくのスパイシーさが失われてしまうように感じます。

以上のことから下手なアレンジは不要であると感じました。

 

スパイシートマトソースのハンバーグはサイゼリヤのハンバーグ特有の暴力的な旨味を中和していると前述しましたが、それは同じくランチメニューのオニオンソースのハンバーグにもいえることです。

こちらはオニオンソースによってしっとり、さっぱりな味に仕上がっています。

トマトや辛味が苦手な人はこちらを選択する方が無難です。

どちらが良いかは好みによるところが大きいと思いますので、一度食べ比べてみると良いでしょう。

ただ、スパイシートマトソースのハンバーグは、人によっては一度食べると病みつきになってしまってもおかしくないメニューの一つだと思います。