とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

見た目から食欲をそそる「ハヤシ&ターメリックライス」!

今回紹介するのはサイゼリヤの中でもレアなジャンル「米料理」に存在するメニュー「ハヤシ&ターメリックライス」です!

f:id:all-review:20171021020827j:plain

 

ハヤシ&ターメリックライスは499円とワンコインで食べられるメニューであり、サイゼリヤでは3つしかない米料理に属するレアなメニューです。

メニューに載っている写真を見るだけでも十分食欲をそそる見た目をしています。

実際の料理も期待を裏切らない素晴らしいものとなっています。

 

ハヤシ&ターメリックライスは、その名の通りハヤシライスのような味をしています。

甘く旨味の詰まったハヤシソースが絶品です。

ターメリックライス自体からはあまり味を感じませんが、ハヤシソースが良い味を出してくれているので、全く気になりません。

甘すぎない甘さが絶妙であり、ターメリックライスとの相性も良く、いくらも食べられると感じるほどです。

また、ソース部分の美味しさだけでなく、ソースに含まれる具材も魅力的です。

たっぷりの玉ねぎと牛肉がソースの味をサポートしてくれています。

ソースの甘みには玉ねぎの甘みや牛肉の旨味が存分に溢れ出しており、ソースと具材の相性が抜群です。

このソースはトマト風味に仕上がっているため、玉ねぎや牛肉との相性も良く、美味しさが際立ちます。

空腹時に食べれば一気に食欲を掻き立てられること間違いなしの味と香りが素晴らしいといえます。

また、サイゼリヤにはハヤシソースを使った料理というのが他にはないため、普段のサイゼリヤメニューとは違った味が楽しめるのも特徴です。

 

ハヤシ&ターメリックライスの特徴は味だけではありません。

その食感もまた素晴らしいの一言に尽きます。

メニュー写真を見るとソースにはたくさんの牛肉と玉ねぎが含まれているように見えます。

これは写真の通りで、実際の料理にも写真に遜色ないほどの具材がたっぷりと入っています。

そのため、食感が抜群に良いです。

トロトロのソースの中に、シャキシャキ感が完全になくなり柔らかくなった玉ねぎ。

硬さはなく、ふわっとした食感のみを残す牛肉。

この二つの食材とソースの相性がとてもよく感じられます

全体的に硬さというのが一切なく、トロトロしているのが特徴的です。

それでも歯ごたえが完全に失われているわけではなく、牛肉とターメリックライスには確かな歯ごたえが残ります。

玉ねぎはあまりにもトロトロになりすぎて、それほど食感を感じることはありません。

しかし、よく味わっていると薄っすらと玉ねぎの食感を感じるとることができます。

いずれにせよ、この絶妙なまでのトロトロ感は素晴らしいの一言に尽きます。

 

以上までの感想の中で、メニュー写真について何度も触れているように、ハヤシ&ターメリックライス最大の魅力はメニュー写真に負けない見た目にあります。

メニューの写真はやはり良く見えるように撮られているというのが現実です。

しかし、ハヤシ&ターメリックライスは、写真と比べても遜色ないほどに仕上がっています。

綺麗な黄色のターメリックライスに牛肉と玉ねぎがたっぷり入ったソースが写真から読み取れます。

この読み取った事実を一切裏切ることのない見た目で出てきてくれるので、がっかり感がなく、安心して注文することが出来ます。

 

ハヤシ&ターメリックライスのアレンジは粉チーズがお勧めです。

粉チーズを振りかけると程よく溶け、クリーミーな味を演出してくれます。

元々が美味しいこともあり、繊細な味ではなく大味になっているので、アレンジをしても問題なく食べることが出来ます。

また、公式トッピングとして半熟卵を乗せた「半熟卵のハヤシ&ターメリックライス」も販売されていますが、こちらについては未注文のため、現時点では感想を書きません。

後日、しっかりと自分で味わった後、感想を追記、もしくは別記事にて上げる予定です。

 

サイゼリヤと言えばイタリアンで、ピザやドリア、パスタが目立ちますが、たまにはこのような珍しい米料理に目を向けてみるのも良いと思います。

たまにはチーズやオリーブから離れてみると、サイゼリヤの料理の味を別の角度から楽しむことが出来ます。

ハヤシ&ターメリックライスは万人受けするタイプの料理ですので、注文しても後悔することはないと思われます。