とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

パスタの王道「ミートソースボロニア風」!

今回紹介するのは王道の「ミートソースボロニア風」です。

f:id:all-review:20170524010819j:plain

 

ミートソースボロニア風は他の多くのパスタと同様399円で食べることが出来る激安パスタです。

旨味の強いミートソースを纏ったパスタを400円という低価格で食べられるという、味も値段も満足のいく一品になっています。

ミートソースボロニア風は粉チーズとの相性も抜群なので調味料を使うことで味の変化を楽しむこともできます。

 

サイゼリヤのミートソースは他のお店にあるようなものとは少し違っています。

というのも、確かにミートソースではあるのですが、トマトではなく肉に重点が置かれています。

ミートソースにはトマトが使われており、多くの場合酸味が多少なりとも感じられます。

しかし、サイゼリヤのミートソースは酸味をあまり感じません。

むしろ、ミートソースのミートの部分が格段に強調された肉々しい味の濃いものに仕上がっています。

これは一見してミートソースの魅力を破壊しているように感じますがそんなことはありません。

この肉々しいソースが味の濃さを強調し、空腹になっているお腹にガツンと響きます。

一口食べれば、思わずもう一口求めてしまう、引き込まれるような美味しさです。

このミートソースはパスタとよく合い、普段ミートソースのパスタでは感じない旨味を引き出しています。

 

このミートソースは肉の味だけでなく、肉の食感をもしっかりと残しているのが特徴です。

本来なら存在をそれほど強調しないミンチが、ミートソースボロニア風では自己主張を行っています。

肉の味も食感もしっかり感じることが出来、美味しさの演出に一役買っているのは言うまでもありません。

この味と食感によって、しっかりと満腹へ導いてくれます。

 

見栄えはいたって普通のミートソースのパスタです。

少し肉の粗さが目立ち、粉チーズが振りかけられている程度のものです。

決して食欲を欠くような見栄えではありませんが、積極的に食欲をそそる見栄えというわけでもありません。

ただ空腹時に見ると意識がかなり引き込まれていく見た目ではあります。

見るだけでその味の濃さ、美味しさが伝わってきます。

特に出来立てで湯気が立っているようであればより顕著に感じることが出来ます。

思わず唾液が分泌されてしまうほど強力な求心力を有していると言えます。

 

以上のように味や見栄えはほとんどの人が合格点を出せるものとなっています。

なのにもかかわらず399円と低価格で提供されているのでお得感があります。

かなり空腹状態の時に選びたい逸品であるのは言うまでもありません。

 

しかし、このミートソースボロニア風の魅力はここからです。

元々ミートソースのパスタというのは粉チーズとの相性が抜群に良いです。

それはこのサイゼリヤのものも同様です。

そして、サイゼリヤでは無料で粉チーズをいくらでも投入することが出来ます。

当然、ミートソースボロニア風は粉チーズとの相性も考えられており、かければかけるほど幸せな味が口いっぱいに広がることになります。

しかも、粉チーズを振りかけることで起きる変化は味だけではありません。

なんと食感までも変化してしまうのです。

粉チーズを振りかけてパスタとソースとともに混ぜ合わせると、若干フォークでパスタを掬う時に重さを感じることが出来ます。

どういうことかというと粉チーズがとけてフォークの引きに抵抗しているのです。

当然その重みは食感にも明確な変化を与えています。

口に含めばすぐにわかりますが、パスタがかなりクリーミーになっています。

今までの肉々しさが薄くなり、クリーミーなチーズ味が勢力を増しています。

もちろんそれは味の崩壊をもたらしているわけではありません。

肉の味、トマトの味、パスタの味、チーズの味、それぞれがバランスよく感じられ、非常に美味しくなります。

明らかに何もかけない時よりも、粉チーズをかけた時の方が美味しいです。

ただし、入れすぎると味を崩壊させてしまうリスクはあります。

ゆえに、少しずつ粉チーズを足していき、自分の好みの量を理解することが、ミートソースボロニア風を最大限楽しむ秘訣と言えます。

 

空腹時に粉チーズをたっぷりかけた熱々のミートソースボロニア風は一種の凶器です。

あまりにも暴力的な旨味に虜になってしまいます。

もちろん、粉チーズなしバージョンも美味しいので好みに応じて変化させてみてください。