とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

ホクホクで美味い「新じゃがとパンチェッタのオーブン焼き」!

今回紹介するのは「新じゃがとパンチェッタのオーブン焼き」です。

f:id:all-review:20170625141628j:plain

 

新じゃがとパンチェッタのオーブン焼きは期間限定メニューでありながら価格は399円とリーズナブルです。

ホクホクの新じゃがとピザにも使われているパンチェッタの組み合わせは美味しく、いくらでも食べることが出来てしまいます。

ドリンクバーのお供として注文するのがベストな選択だと思います。

 

新じゃがとパンチェッタのオーブン焼きはジャガイモが前面に押し出されています。

それゆえにジャガイモが不味いと台無しになってしまう料理です。

またジャガイモはパサパサになりやすく、そうなると食感も味も最悪になります。

しかし、新じゃがとパンチェッタのオーブン焼きはそれらの問題を完全にクリアしています。

ジャガイモにもしっかりと味が付いており、ジャガイモより濃い味のパンチェッタとの調和性が素晴らしいです。

ホクホクで絶妙な食感を生み出すジャガイモと、塩味をしっかりと感じさせてくれるパンチェッタ、この組み合わせは絶妙というほかありません。

ジャガイモの方は味はありますが濃いわけではなく、あくまでも単体として食べても美味しいと感じるレベルに抑えられています。

一方でパンチェッタは単体で食べると濃いと感じる味付けになっています。

それゆえに両方を同時に食べることで味のバランスが整い、食感もジャガイモによって素晴らしいものになるため美味しくなります。

 

ホクホクのジャガイモと塩味が濃縮されたパンチェッタ。

お互いがお互いの弱点を補いあっている料理と言えます。

味、食感、見た目、どれも平均点を超えており、期間限定であるということも相まって考えると一度は注文したい一品であると感じます。

 

また、最初にも書いた通り、ドリンクバーと合わせて注文するのがお勧めです。

おつまみとしては量も多く、味の濃さもちょうど良いうえに、価格も399円に抑えられているのでドリンクバーのお供として最適です。

また、新じゃがとパンチェッタのオーブン焼きは、通常メニューと同様にドリンクバーをセットドリンクバーにすることが出来るので、ドリンクバーとおつまみを望む人には良い一品であると言えます。

 

完成された味ではありますが、メインがジャガイモがということもありカスタマイズは十分に楽しめます

粉チーズをかけるとチーズとジャガイモの親和性が非常に高いことに加え、パンチェッタの塩味とも干渉しないので良い味に仕上がります。

ただし、かけすぎるとバランスが崩れるので慎重に試す必要があります。

タバスコの場合も美味しく味わうことが出来ますが、こちらもかけすぎると味のバランスが崩壊してしまうので少しずつ試す必要がありそうです。

バランスを保てればかなり美味しく仕上がります。

唐辛子フレークも美味しいのですが、如何せん食べにくいです。

フレークとジャガイモの形は相性が悪いように感じます。

辛味が欲しいのであればタバスコで十分です。

オリーブオイルは当然美味しくなります。

ジャガイモとも、パンチェッタとも相性が良いです。

ただし、タバスコと一緒に使うのは控える方が無難です。

 

期間限定で、今しか食べられないメニューですので、まだ食べていない方はぜひ一度お試しください。

嫌いだと感じる人はあまりいないと思います。

特にお腹はすいていないけれど、ドリンクバーを単品で注文するのは嫌だと感じる人には良い料理だと感じます。