とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

強烈な塩味と見た目「真イカとアンチョビのピザ」!

今回紹介するのはサイゼリヤのピザの中でも異質の雰囲気を持つ「真イカとアンチョビのピザ」です!

 f:id:all-review:20171015224126j:plain

 

真イカとアンチョビのピザは、メニュー写真の豪華さに反して、マルゲリータピザと同様の399円とサイゼリヤのピザの中では最安値のメニューです。

他のピザ系メニューには具がなかったり、具があっても豪華さに欠けていたり、値段が少し高かったりするのに対し、真イカとアンチョビのピザは具がたんまりと乗っているのに低価格なのが魅力的です。

 

真イカとアンチョビのピザは見かけ通り、真イカとアンチョビがメインのピザです。

ピザの上に散りばめられているこの二種類の具が強烈な味を演出しています。

特に強烈な味をしているのがアンチョビです。

衝撃的な塩味を感じることが出来ます。

サイゼリヤの全メニューの中で圧倒的に塩味が強いのが特徴です。

当然その塩味は真イカとの相性もばっちりであり、チーズとの相性も抜群です。

塩味があまりにも強すぎるため、アンチョビだけを食べるのは厳しいですが、ピザ生地やチーズ、真イカと一緒に食べることで、塩味を軽減し、調整することが出来ます。

しかし、塩味が強烈すぎるため好き嫌いは分かれてしまう可能性が高いです。

この強烈な味は一度食べて見なければわからない部類になります。

 

真イカとアンチョビのピザの食感を彩るのは真イカです。

味の主役がアンチョビならば、食感の主役は真イカと言えるでしょう。

弾力があり、噛みごたえのあるリング状の真イカがいくつもトッピングされています。

チーズのふわっと食感と真イカの噛みごたえの相性が良く、美味しいです。

アンチョビはあまり食感がなく、チーズや真イカがどうしても目立ってしまいます。

しかし、味のアンチョビ、食感の真イカと役割がしっかり分かれていることもあり、それぞれの美味しさをしっかりと楽しむことが出来ます。

ただし、味と同じく、この食感も人を選んでしまう可能性が高いです。

 

メニュー写真では、真イカとアンチョビのピザは見た目に豪華さが感じられます。

それは実物を見ても変わらない感想といえます。

実際の真イカとアンチョビのピザも豪華な見た目に仕上がっているからです。

通常のピザ生地にたっぷりのチーズ、その上に黒のアンチョビと白紫の真イカがちりばめられています。

色合いもさることながら、具の多さが豪華さを演出するのに一役買っているのは間違いありません。

食べる前から、見た目で楽しむことが出来ます。

399円で注文することが出来るピザとは思えないほどの具材の量と鮮やかな見た目が食欲をそそります。

また、見た目からは味の想像がしにくいことから、実際に食べることで想像とは違う味を楽しむことが出来ます。

 

強烈な味、充実した食感、豪華な見た目、そのうえで低価格というコストパフォーマンスにすぐれたピザです。

他のピザ系メニューとは様々な面で一線を画しているため、敬遠する人は最後まで敬遠するでしょうし、興味のある人は早々に頼んでしまいそうなメニューといえます。

 

真イカとアンチョビのピザはアレンジ不要です。

あまりにも塩味が強いため変にアレンジしない方が良いです。

ただし、オリーブオイルは元々ピザとの相性も良いですし、塩味を多少軽減してくれるので、塩味が強すぎて食べにくいという人は使ってみても良いです。

実際に、何もアレンジしない時と比べて違いが生まれ、美味しいです。

もしもアレンジするならオリーブオイル一択です。

 

ピザ系のメニューはどうしても王道のマルゲリータピザや、気になるバッファローモッツァレラのピザを注文してしまいがちです。

しかし、399円という低価格と想像しにくい味、特徴的な見た目など、少し変わったピザである真イカとアンチョビのピザはぜひ一度は注文してほしいピザです。

ただし、何度も記述しているように、味、食感ともに好き嫌いが大きく分かれるのは間違いありません。

食べ物を粗末にしないよう、注文する時は覚悟してからをお勧めします。