とある大学生の『サイゼリヤ』愛がやばすぎる!

サイゼリヤを愛してやまない大学生が、ひたすらサイゼリヤをレビューしていくブログです。

彩り豊かで食欲そそる「鶏肉のオーブン焼き」!

今回紹介するのはランチメニューの一つ「鶏肉のオーブン焼き」です。

f:id:all-review:20170914180815j:plain

 

鶏肉のオーブン焼きはランチメニューの一つですので、もちろんワンコイン500円で食べることのできるメニューです。

また、他のランチメニューと同様にスープバーの利用が可能であり、ライスやミニサラダもついています。

ランチメニューの中で唯一の鶏肉をメインにしたものになっており、がっつり食べたいけど、ハンバーグを避けたい人にはピッタリのメニューになります。

 

鶏肉のオーブン焼きは鶏のから揚げに甘酸っぱいソースをかけたような味になっています。

甘酸っぱいソースといっても、甘すぎることも酸っぱすぎることもありません。

柔らかい甘さにほんのちょっとの酸味が加わっています。

それが鶏肉ととても相性が良く、サイゼリヤにはあまりないタイプの料理といえます。

付け合わせの野菜も他のメニューとは違い、シシトウやパプリカ、ナスと彩り豊かで味や食感もサイゼリヤではあまり感じられないものです。

それらの付け合わせ野菜も甘酸っぱいソースと相性が良く、食欲をそそられます。

 

やはり鶏肉のオーブン焼き最大の特徴と魅力と言えばその彩りでしょう。

前述したように付け合わせの野菜が赤や黄色のパプリカ、緑のシシトウ、紫のナスとカラフルです。

他のメニューの野菜がニンジンやグリーンピース、コーンなどで、このようなカラフルな野菜で彩りされているメニューは他にはないため興味がそそられます。

鶏肉もから揚げ状にされており、一口か二口で食べられるサイズになっているなど、やはり他のメニューにはない特徴を有しています。

そして何より甘酸っぱいソースの味はもちろん、見た目が素晴らしいと言わざるをえません。

鶏肉は茶色、パプリカは赤色や黄色、シシトウは緑色、ナスは紫色とカラフルなのは良いですが、統一性がなく普通においているだけではバラバラのちぐはぐした料理に見えます。

それがこのトロトロの茶色いソースがかけられることで統一性を生み出しています。

ソースの影響で鶏肉の茶色も二種類のグラデーションになっており、メインとしての印象付けがされているような感じがします。

 

この甘酸っぱいソースは鶏肉のオーブン焼きの全体を印象付けるようなソースです。

というのもそれぞれの野菜や鶏肉にも味があるとはいえ、やはりこのソースの味の影響は大きく、全体的に甘酸っぱい味に仕上がっています。

また、食感にも影響を与えており、鶏肉は人によっては少しパサパサに感じることもあるかもしれませんが、このソースによりしっとりとした食感になっています。

もちろん、元々の鶏肉もパサパサになっているわけではなく、ふんわりとしていますが、ソースをかけてしまえば、完全にしっとり食感に支配されます。

付け合わせの数々の野菜はしっかりボイルされており、驚くほど柔らかくなっています。

 

そして最後にアレンジについてですが、今回はアレンジの余地はないです。

甘酸っぱいソースにより全体の味が決まっており、そのソースの影響力と食材の相性が良いため、変にアレンジすると失敗してしまうでしょう。

付け合わせがポテトなどであれば塩をかけるのもありですが、鶏肉のオーブン焼きにはポテトはついていませんので、塩の入る余地はありません。

またその他の調味料も甘酸っぱいソースとの相性を考えると避ける方が無難です。

ソースの味が好みでないならば色々してみても良いかもしれませんが、出来れば変更しない方が良いでしょう。

 

鶏肉のオーブン焼きはサイゼリヤ特異メニューです。

他のメニューと比べて圧倒的に彩り豊かであり、付け合わせの野菜も異なっており、ソースの種類も他にはないものです。

またメインの鶏肉もから揚げ状になっているなど、他のメニューとは異なっています。

この見た目、味、食感、食材などはサイゼリヤの中では鶏肉のオーブン焼きでしか味わえません。

ランチメニューが改訂されなくなる恐れもあるため、興味があるなら一度食しておくと良いかもしれません。